DeadlockのDeadlock
難民したくねーんだけど、結果難民しちゃってるボログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事No.[] ■ --.--.--.--. (--:--)
スポンサー広告 ■ ■
セカンドライフライフを妄想
 よっス! YHVH++@空中を3,4歩走った!? 漢認定! です。

 どこぞの記事で見たけど、民主党議員がセカンドライフ
ワールド内に議員事務所作ったとか。 ふーん。 だから?
って話なんだけんど。

 セカンドライフにゃ手を出した事はないんだけど、企業が
先走りしてなんとか日本でも流行らせ商売に繋げたいって
魂胆が見え見えで(´・ω・`)な感じ。

 良くも悪くも日本人ちゃ目的がないと、一生懸命になれ
ない気質の人が多いような気がするんだよねー。 ゲーム
ならLv上げるとか、商売なら長者になるとかね(例えばー

 一方で、企業は一儲けって目的があるから参入に一生
懸命になる。 そんな理由から企業ばっかりが先走ってる
ってイメイジ。

 折角セカンドライフのような、何でも出来る素敵な
空間を与えられても、目的がないと何をすればいいのか
見つけられずにやめちゃう。 なんてパターンになる人が
多そう(間違いなくわたしはそれ(^^;)

 どちらかというとゲームではなくシミュレータに近い
みたいだし日本語版をリリースする時には、バーチャル
ショッピングソフトとかいう雰囲気で売り出したほうが
受け入れられる気がするなー。

 例えば、ある自動車会社の車がリアルで欲しい場合に
セカンドライフ内の店舗に足を運んで内装だとかを確認
できたりね。(車テクスチャなどの出来が悪いと確認も
へったくれもないがw)

 セカンドライフ内でバーチャル試乗できそうだけど、
こればっかりは、実際に運転せな感覚はわからんだろう
から、リアル店舗に足運ぶべし(笑)

 日中店員キャラと話してみると、中の人は社員で色々と
説明してくれたり。 文字入力は面倒だけど、顔を合わせ
ずに色々聞けるのはいいね。 激しく営業してきても
涼しい顔でヌルーできるし(笑)

 そんなセカンドライフが一部の諸国で流行っているのは
日本人とは逆の気質 つまり、目的がない!? なんでも
出来るシステムなんだし、その目的を自体を作ればいい
じゃない! ってのがウケたみたい?

 日本で流行らせるためには上で書いたような、ショッ
ピングソフトとかそういう雰囲気で売り出す必要の他に、
利用する事による付加価値が必要な気がする。(物買うと
著名人作成の素敵アバターとか、リアルで使えるポイント
等の還元とかさ)


 と、日本でセカンドライフは流行る?流行らない?の
妄想文を書いてみましたが、これはあくまでもショッピ
ングソフトとかそういう方向性の場合で売りにだした時
の妄想。

 これが、ゲームソフトとしての方向性で売り出しって
なら、日本では流行らないような気がするー。 そりゃ
何故か。

 日本って国はまだまだゲームはゲーム機天国でござい。
ゲームはゲーム機っていう国でセカンドライフはゲーム
です! って売るには厳しすぎる。 なんせそのゲーム
自体を己たちで作らないといけんのだから(^^;


 あまり興味ないけれど、そのネタを扱う人が多くなって
きたので、自分もネタにしてみましたぃ!


 現在の俺君的セカンドライフの所見。


 買い物用としては使うかもしれないけど、ゲームとして
遊ぶ事はない気がするー。


 ま、そんな訳。
であであ


あれ? ところでもう日本語版てリリスされたのかな。
そんなん調べないで記事かーきーましーたー(´∀`)

あ、そうそう。

日本で、というか、世界共通かな? ショッピングだの
ゲームだのという方向性を無視して流行らせる方法が
ありました。

なぁに、簡単なこと。


法律に抵触寸前(或いは抵触)のギリギリな事が蔓延
すれば流行りますよ(´~`)キット


世の中そんなもんだよねー(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

スポンサーサイト
記事No.[400] ■ 05.30.2007.Wed. (17:08)
いろりろ話ひとこと 2
セカンドライフやってますけど、私はもっぱら物見遊山。

色々なネトゲをやったけど、エンディングの無い世界では
風景を一通り見終わったら、途端にそのゲームに対する
意欲が無くなります。レベル上げもランク上げも、世界を
見てまわる為の準備です。

でも、セカンドライフは、広すぎです。今まで辿り着いた
エリアは、全体の1~2%有るか無いかでしょう。

それに同じ場所でも現実と同じように毎日毎日変わります。
建設中の建物が有って、次の日には少し建築が進んでいて。
その次の日に行くと、一部取り壊していたり…w

ゲームとして提供された世界は、バージョンアップや
追加シナリオが無いと、変化が起きないですが
セカンドライフは、住んでいる人が毎日世界に変化を
与えています。そこが大きな魅力ですね。
2007.06.04 Mon 11:40   さいたママさん

>ママん
>セカンドライフやってますけど、私はもっぱら物見遊山。

らしいですね。 mixiこっそり(?)と拝見しとります
よん('ρ')


>レベル上げもランク上げも、世界を見てまわる為の準備
>です。

確かに確かに。 それは言えてるかも。 わたくしの
場合はその他に、弱かった頃苦戦した敵を指先一つで
倒せるようにするのが楽しかったりもしますけどね(フハハ


>セカンドライフは、住んでいる人が毎日世界に変化を
>与えています。そこが大きな魅力ですね。

ユーザーが自作したオブジェクトを自由に投下できます
もんねぇ。

こうやって話を聞くとシムシティオンラインようにも
見える(笑) ファンタジー冒険があればアクトレイザー
オンラインって所ですかね(古い!



P.S.
セカンドライフについてのいい米でしたので、他の方
にも見えるように表に出しました(^ー^)


2007.06.04 Mon 15:27   YHVH++さん
ひとこと書く






管理者にだけ表示を許可する



| ホーム |


Copyright YHVH++ All Rights reserved
Powered by



■ コンテンツ
■ 最近起こした記事
■ ひとこと集

 

LKP公式サイト LKP公式サイト


Ragnarok Online


Phantasy Star Universe
イルミナスの野望


踊る初音ミク

■ 記事倉庫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。